【超入門 チベット問題】
[目次](1)チベットって何? (2)チベットの何が問題?(短) (3)チベットの何が問題?(長)
(4)この先どうなる? どうする? 
[I love Tibet! ホームページ]

(1) チベットって何?

▼基本中の基本▼

チベットはこのへんにある
tibet mapヒマラヤ山脈の北側に広がる、平均海抜4,500mの「チベット高原」。
そのほとんどが、かつてラサを都とする独立国「チベット」でした。
今、チベットという国はありません。
中国の一部になっています。
「世界の屋根」と呼ばれる高原地帯で、牧畜や農耕をなりわいとし、主に仏教を信仰する「チベット人」が600万人ほど暮らしています。

なぜ、「チベット」はなくなってしまったのでしょう?


チベットは国じゃない
His Holiness1949年、東隣りに中華人民共和国(中国)という国ができました。
毛沢東(もう・たくとう)という指導者が北京で「チベットを解放するぞ!」と宣言したのが、チベットの終わりの始まりです。

圧倒的な武力でチベットはすぐに陥落し、1959年、指導者のダライ・ラマ14世(→)がインドに亡命。北インドのダラムサラにチベット亡命政府を樹立しました。

チベットは、中国のチベット自治区と四川省・青海省・甘粛省・雲南省の一部として組み入れられ、現在では中国の一部になっています。
一方、15万人余りのチベット人が亡命し、今もインドやネパールの難民居留地で暮らしています。

そして今、チベットの中では? [→(2)チベットの何が問題?(短)]

【超入門 チベット問題】トップへ