超私的

“チベットの音”コレクション

単なる知り合いの歌声や、個人的に気に入った音たち。

・・・・・Barkhor Bazaar・・・・・
チベット一のバザール、ラサのバルコル街を歩くと...

読経 (MP3 / Realaudio)

バルコルへ向かう裏路地で経を読む僧。けっこうお布施が集まる。

これも読経
たくさんいるのだ。人によって読経のスタイルは様々。

バルコルに流れる歌声
ナマ歌だったら嬉しいのだが、
残念ながらカセットテープ屋がデモで流しているのであった(^^;

仏具屋の吹くギャリン
仏具屋のオヤジがギャリン(チャルメラ風の仏教楽器)をデモ演奏。

カム女商人の流れるようなセールストーク
僕にカウー(携帯用仏壇)を売りつけようとしている。向こうの言い値が50元、こちらが30元。20分間の交渉(^^;の末、40元でお買いあげ。

読経やら売り子の掛け声やら
地べたに座り込んで経を読む僧の一団、何やら叫ぶ巡礼者、露店の売り子が「10元、10元、10元〜!」。混沌としたバルコルの、ごくあたりまえの一コマ。

・・・・・Monastery・・・・・
ダルマの妙音

ダライ・ラマ法王の読経
チベット人向けのスピーチの一番最初に唱えたお経。
配布されたテープから勝手に収録。

尼さんの読経
某尼寺にて。僕が来たらあわてて経を読み始めたような気がする(^^;

セラ寺の読経
さすが大僧院だけあって迫力。セラ・メェ学堂にて。

ギャリンの音
声明のCDから勝手に収録。僕のmacで時報として使ってます(笑)。

・・・・・People & etc・・・・・
いわゆるひとつのフツーの人々

チャン・トン!(飲め!)
チャムド出身の女性がチャン(酒)を杯に注ぎながら歌ってくれた

オムマニマニペメフ〜ム
ダ・ドゥンのヒット曲“私のトゥントプ・ツェリン”をふざけて歌う女の子。
歌詞がうろ覚え(^^;

酔っぱらったカムパおやじのチャン・シェ(祝酒歌)
ショトゥン祭のノルブリンカにて照れながら歌うチャムドの商人。
有名なチャン・シェのサビ部分。

ラサの女のコってキレイ
↑という歌詞をラサの女のコが歌ってます。

チビ芸人のダムニェン弾き語り
ダムニェンは、お聞きのような音のチベットの弦楽器。ポタラ宮をバックに歌ってくれた。すぐ脇を観光客の車がクラクションを鳴らして通り過ぎて行った。


...top of "I Love Tibet!"...